日記

(日記+感想+妄想+ろくでもない考え)×電波=私の駄文

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不夜城 2006-02-28

明日から職場は不夜城へとかわります。

土日あるかわかんないんだってさ~

プリムだけはなんとしても死守だ。死守。

不夜城 2006-02-28

明日から職場は不夜城へとかわります。

土日あるかわかんないんだってさ~

プリムだけはなんとしても死守だ。死守。

氷上で飛ぶ 2006-02-26

今日のメニュー

 1.免許の更新(ゴールドです)
 2.物件の見学(きめてしまおうかと)
 3.友人(殿)とスケート

昨日と違い外にでっぱなしでした。
免許の更新は適当、物件はかなりよさげだったので初期費用を尋ねてみようと思う。
問題はスケート。

本日とある用件で出かけていた殿と合流。
車ででかけてたので、合流後俺が送ることに。
その車内の中で「スケートいくかっ!」というノリになり、
近くにあるというスケートリンクにいくことになった。

スケートは10数年ぶりである。
多分すべれるだろうとおもってたら、やっぱり滑れた。
へっぴりごしだったけど(苦笑

最初、普通のスケート靴で滑ってたんだけど、滑りにくいのでホッケー用に変更。
こちらのほうがスキーの平地での感覚に近い感覚で滑れるのだ。
でも、ホッケー用は後ろの刃が短い為、後ろに体重がのるとあっというまにすっころぶ。
今日は4回こけた。
そのうち2回は尾てい骨強打。

……はげしく痛い!

足元が突然なくなる感覚。
まさに浮いてました。
高さ80cmぐらいで、腰から落下。
痛い。激しく痛い。今でも痛い。


そんなこんなでわいわいと楽しんでいると、氷上にミニスカですべる女性(19歳くらい)登場。

後ろにつかねばなるまい!

じーっとついてるとあやしまれるのでなにげな~くたま~に見ていた。

「こけろ!こけるんだ!」と念じながら。
それが男ってもんでしょう?


久しぶりのスケート、非常に楽しみました。
結局おねえちゃんはこけずに俺が飛んだわけですが。
でも楽しかった。また近いうちにいきたいものである。

ふたまたってよくないよねっていうか嫌 2006-02-26

小春と燕シナリオ終了。
今回は、メインヒロインではないため、スポット参戦のキャラです。
なので、ず~っとその娘をおっかけてられないので、
前半登場の燕を落としてから小春に移行。
……頭の切り替えができないとつらい。少なくとも俺はつらい。

さて、燕。
超絶ブラコン無口娘ですが、一皮むければ独占欲の強い女の子でした。
エンディングでは「二週間はなれていた間に浮気をしていないかチェックの為、Piaにもどってきた」とかいてありました。
……すんません、小春とよろしくやってました。

燕ね~
ど~もダメだわ。このタイプ。
おとなしくても一皮むけても。


次、小春。
天然娘。
こっちのほうが好みかな。
とある事柄でお菓子が好きになり、本格的にその道をめざす。
しかし、親にみとめてもらえずに悩む娘。
まっすぐに自分のいきたい道を見据えててて、ひたむきに地道に努力しているのがポイント高し。
そして天然系でぽちゃっとした感じがよい。

そんなわけなんで、燕から小春に移行したときに、すっぱり切り替えできた。
よかったよかった。


こう、Piaやってて思うんだけど、
こういうキャラにへばりついてると、そのうちイベントが進んでハッピーエンドっていう、昔ながらのギャルゲーってストーキング行為だよなぁって思う。
いいのか?これ。

俺絶好調 2006-02-25

いや~、やっぱり俺はこうでないとね。

ギャルゲ→アニメのコンボです。

んで、何をみていたかといいますと、SoltyRei。

静さんが殺されたよっ!

しかも殺ったのは仮面の男だしっ!

くそカミーユめ!
※中の人が一緒

飛田さんって大抵オカシナキャラおおいよなぁ。
カミーユもお世辞にもまっとうなやつとは思えないし(ガンダム嫌い)
天使ノ二挺拳銃でもオカシナ役どころだったし(元天使の人間)
でも、それだけそういう役がうまいんだろうな。
毎回声を聞くたびにむかつくからw
いや、いい意味でね。
さすがベテラン。

こういうお姉さんキャラもありだ 2006-02-25

久我原美森姉さんシナリオ終了。

「~だがな」「まったく、君ってやつは」
など、落ち着いた感じの言葉づかい。
とおもいきや、「私は十分かわいいからな」
などというところもある。
自分に自信があり、かつ実力もある。
小柄だけどでるとこでてひっこむとこひっこんでる。
そしてショートカットでホットパンツのよく似合うボーイッシュお姉さんである。

アリです。アリ。
声も落ち着いた感じとかわいい感じでよいよい♪

さて話のメインだが、この姉さんは家庭事情のおかげで、
恋愛なんていらないっていうひと。
……またベタな。
ついでに男女の友情なんてない。っていってます。
そこで、我らが多重人格主人公:純一はこんな提案を。
「じゃぁ、俺らが本当に男女の友情はあるのかないのか実験してみよう」

で、姉さんの家庭事情解決&友情同盟解消&恋人になる

わっかりやすい展開ですね。
ノベルタイプじゃないからテキスト量がすくないからしょうがないけど。
コレもPiaらしさといったところか。
美森姉さんはルート2つあるがどちらも結構力技かなと。


ともあれ、

美森姉さんの恥らう姿は愛らしいということで。

そうか、そうきたか 2006-02-25

ギャルゲーって本当にいいですねぇ~

八重樫香苗シナリオ終了直後の俺の本心です。
香苗ねぇ……なんていいますか、ギャルゲキャラですっ!ってキャラでした。俺の中では。
ロリ+性に疎い+壁をこえたらつっぱしる=俺の前ではメロメロさっ!(古っ!)

とまぁ、そんな香苗シナリオだったわけですが、ひと~つひっかかることがあります。
それは……

おい!純一!(主人公)

お前、それ犯罪行為だろ!

ついでに卑怯すぎっ!

今回、主人公がと~っても悪い人です。
こまったもんです。

それにしても、乱れまくった香苗はエロカワイイ。

不完全燃焼 2006-02-25

今日は飲み会だった。
二次会はカラオケだった。
ひさしぶりのカラオケなのはいいのだが、
中途半端にエンジンかかった状態で終了。
歌いたい曲をうたってない。
というか、会社の人間の前だと歌いづらい。
そこで、帰宅したら地元の連中だれかつかまえていこうかと考えた。

1.MIEZA → 都内でおごりで寿司くってた ありえない
2.車バカ → 数十回コールした でない つながらないのがあたりまえなのを忘れたた
3猫   → ごめん やまのなかだったね 電波とどかないんだった

以上終了。





本日の買い物

<鐘ノ音ダイナテック>
暴れ祭りのライブDVDがついてきている。
本編も楽しみだったが、こちらも非常に楽しみなのである。

<マブラヴ オルタネイティブ>
CG、回想、音楽モードなしってのはあからさまに手抜きだよね?
さんざん延期しといてコレですか。
やるきあんのか?age。

<エウレカセブン>
後半の収録用ボックスがついてきた。

いきなりお金がありません。
どうしよう?




明日というか今日はこれからPiaる。
おきてもPiaる。
途中でかいものいって、帰ってきたらまたPiaる。
日曜日は免許の更新と不動産。
帰ってきたらまたPiaる。
今週末はPiaる。
来月から仕事がいそがしそうだし……
せめてプリムの日だけは確保しとかないと。

サブキャラクター&ゴージャス姉ちゃん 2006-02-23

Piaキャロにでてくるサブキャラで、白衣の似合う女医さんがいる。
あやのルートでは大変お世話になるひとである。
んで、その人の名前は水穂(みなほ)さん。

28歳、独身、男をみつけても時間があわないからってすぐに振られ、
唯一の楽しみは徹夜明けに飲むビールと愛猫の林檎ちゃんとじゃれあうことだけ……
あぁ……たまには男とじゃれあいたいわ……
最後に男の身体に触れたのはいつだったかしら……
なんだか、もう。あのぬくもりさえも思い出せない。

なんてことを言う人です。
こういうサブキャラ大好きです♪




さて、メインヒロインひとり終わりました。
今回は御堂千尋さんです。ゴージャス姉ちゃんです。
最初の予想通りエロ担当でした。
今回のこのお話は、ゴージャスお姉さまに遊ばれて、遊ばれてもてあそばれて、気づけば本気になっちゃいました。
で、本気になったらなったでお姉さんは婚約者がいました。
お姉さんにひどい言葉で「遊びだったのよ」とつげられる純一。
あぁ、むごい。
と思いきや、実はお姉さんったらこのボウヤに本気だった様子。
いろいろあったけど、結局笑顔でわかれましょうということに。
結婚式当日。
「まだ気持ちを伝えてない!」と走る純一。
花嫁強奪。
あぁ、青春ねぇ。
そんなわけ話。

はっきりいって、好きなタイプのキャラじゃないんで、別にど~でもいいんですけどね。
えぇ、だから感想っていうのもあんまりない。
ハッピーでよかったねってことぐらいか。
あ、でもひとつ収穫アリ。
今回の攻略にさいし、千尋に張り付いて仕事してたら、
店の評価が下がった。
やはり、全スタッフ均等にうまく仕事をまわさないとダメみたいだ。
うむ。次回からは気をつけよう。




次はメインヒロイン中ロリ担当の香苗いってみようと思う。
美森姉さん(小柄)が気になってしょうがないのだが、ここはワンクッションおいてということで。
でもなぁ、香苗はさなと両手に花エンドがあるらしいんだよなぁ……
どっちもすてがたい。
なんてことを考えながらCGモードみてたんだけど……
なぜに姫川かずみさん(男)とのHシーンが他キャラより多目なんですか?

セイバーだった 2006-02-22

アニメ版「Fate/stay night」のOPテーマ「disillusion」。
原作の「THIS ILLUSION」を音楽担当の川井さんがアレンジしたもの。
原作よりもアレンジと声が好みだったので買ってみた。
初回版にはキャラクターカードが4種のうち1枚が封入。
……セイバーでした。
なんで桜じゃないんでしょう?
今までカードが入ってたFateのCDがいくつかあるが、毎回違うキャラです。
それはそれでうれしいんだけど……やっぱり桜がいい。

さて、アニメの桜ですが、かわいいです。
なんだか原作よりもおさなく描かれている印象をうける。
他のキャラは原作に近いのだが、桜だけ幼いような……
いや、OKなんでそのままいってください。
幼さの残る桜が黒……背筋がゾクゾクっとしますわ。




あやのと留美を読み終えた今、Piaキャロ攻略目標を見失っているのだが、気分がのっている。
だから今日も読もうとおもったのだが、急遽明日の朝は5:30起床となってしまった為断念。
残念だ。

おかえり あやの 2006-02-21

つ~わけで、あやのシナリオ読破。

ああっ!もうっかわいいなっ!

コンチクショウ!


俺のいや~な予想を裏切ってくれてありがとう。
最後ちょっぴり涙ぐんでしまった。

話のメインは記憶喪失。
時系列で説明

学生時代、主人公:純一とあやのは同級生でかつ部活の仲間
この頃からあやのは純一が好きだった。
卒業すると同時にあやのは長野へ引っ越してしまう。
しばらく連絡をとりあっていたが、あやのからの連絡が途絶える。
純一はPiaに就職することを決意し、面接の日にあやのと再会。
いろいろあって、実はあやのは交通事故により記憶喪失だということが判明。
が、すったもんだの末に結ばれる二人。
あとはバカップル街道まっしぐら。
もう、ダダ甘です。すっげぇ勢いでダダ甘です。
そんなある日に事故がフラッシュバック。
あやのの記憶が戻ると同時に、この夏の思い出が消える。
と、いうわけで、バカップルからふりだしにもどる。
戸惑う二人。そしてあやのは別れを口にする。
夏の間だけPiaでバイトするあやの。純一に別れを告げずに去ろうとする。
それをおう純一。
そして新しく始まる二人の関係。
夏休みの終わり、長野に帰るあやの。
気づかぬうちに失ったはずのこの夏の記憶をとりもどす。
そして、二人の心はひとつだった。

こんな具合のメインシナリオ。
んで、Extra。後日談。

はれてマネージャーになった純一。
本店支店で研修。あやのとは遠距離恋愛中。
そんな現状。
そして研修が終わり、帰るときにいろいろありまして、
木ノ下オーナー(Piaのオーナーであり、留美の親父さん)と
12kmほど炎天下の中、Piaまで歩くことに。
電車ねすごしたらしい。
いろいろあやのとすごした夏のことを思い出しながらPiaまで歩く。
そして到着したPiaにはあやのが待っていた。

えぇ、話やねぇ……ぐすっ(ベタだけど)

このシナリオについて箇条書で感想
・ダダ甘万歳 おじさん満腹
・留美シナリオでの純一とかなりギャップがある 他人か?
・他キャラとの絡み少なし もっと絡んでくれ そっちのほうがおもろい
・あやのエロス



総括。

良くも悪くもPiaキャロット也。

それと

あやのかわいいなぁコンチクショウ!





システム面について

セーブが自室でしかできないのはなんとかならんのか。
せめてクイックセーブぐらいどこでもさせてくれ。

今回のPiaはいつもとちがい、自分のパラメータが存在しない。
大抵いつも主人公はバイト君。
だから、自分の見た目とかそんな感じのパラメータがある。
んで、そのパラーメータが低いとヒロイン攻略できない。
が、今回は違う。
主人公はマネージャー研修生。
一応自分も働くが、基本的にはヒロイン達を動かす方。
だから、シフトを決めたりするわけだ。
そしてヒロイン達のパラメータをあげていくわけだ。
パラメータが低いと、最後のお店の評価がさがると。
コレがいつもと違う点。
俺はこっちのほうがよい。
だって、攻略がらくだから。
適当にやってても店の評価は満点です。
ただ、男のロマンがあがらない。
たしか3Pルートとおらなきゃいけないんだっけ?
……ちと抵抗があるんですが。





今後の予定。
とりあえずメインヒロインの残り3人を攻略。
それから2週間だけ登場するサブヒロイン9人+トキ子さんをせめる予定。
あやのや留美の途中からも攻略できるのだが、
やっぱり納得いかないので、最初からやるつもりだ。
さぁ、のってきた。
今週末もがんばるべ。
あ、土曜日はできないんだった……
おいおいおい。

椚あやの 2006-02-21

現在Piaキャロ続行中。
二人目は、メインヒロインのあやの。

ちくしょう。かわいいじゃねぇか。

なんか負けた気分である。

発売前、留美とあやの、最初はどちらからにしようか非常に悩んだ。
初プレイ直後に留美最初と決定。
理由は声。
俺のストライクゾーンだったのはあやのだったから。
以前はメインディッシュは最後に食べてたのだが、それだと既読スキップの嵐になり、よくわからない。
だから最近は最初にメインをもってくることにしている。
しかし、やはりおいしいものは後にとっておきたいのだ。
それで、声がストライクだったあやのを後に回したというわけである。

留美のシナリオは今までのPiaっぽい話である。
あやのもPiaっぽいといえばそうなのだが、ちょっと毛色が違うかなと。
そういやあやのが初なのではないだろうか。
メインヒロインでHシーンがあるのは。
今までPiaのメインヒロインはHシーンがないのである。
直前すんどめとか脳内補完ばっかり。
ちょっと驚いた。しかも最後にもってくるのではなく、
結構序盤にもってきている。これもまためずらしい。
さて、そんなあやのだが、気になるところがある。
 1.記憶喪失である
 2.初体験ではない
記憶がなくなる直前ってきっとなんかあったぞ絶対。
倒れる直前おかしなこと口走ってたし。
あ~、いやな方向にすすまなきゃいいけど。
3んときは結構ショックだったしな。
「Piaならそんな展開ないだろ」と思ってたら、やっぱりありましたよ。
はぁ……くらい過去を克服ってのもいいけどさ、
やっぱりへこむんだよな。そういうの。

ともあれ、今日はあやのとバカップルになれたところでひと段落。
また明日仕事から帰ってきたら、Piaキャロで働くとしよう。

いろいろと 2006-02-20

<ワンフェス>
T's systemさんのシャンプーの存在を今日しる。
http://members.jcom.home.ne.jp/tssystem/

……もし知ってたら、黒セイバーかコレかだったな。

つか、TOPの水着桜を完成品でだしてはいただけないでしょうか?


<Fate/stay night>

桜出番多し

作画もよいので、ひっじょ~にうれしすぎ。

が、姉の方が見せ場多し。


そして美綴さんが発見される……
ワカメ、俺がこの手で抹殺してくれる。


全体的に今回は今までよりよかった。
しかし、杉山さんの演技が物足りない。
残念。


<Piaキャロ>

ようやく1人シナリオ読み終える。
ヒロインは木ノ下留美。
シリーズとおしてでていた人。
初代主人公の妹。
今回は5号店の店長として登場。
エンドまでみた感想。

あぁ、やっぱりね。
よくもわるくもPiaキャロだぁね。

次はあやのいってみよう。


<ゾイドジェネシス>

初めてではないだろうか。
ここまで作画のよいコトナさんは。
みていて非常に楽しめました。
しかし、しかしだ。
完全に脇役じゃぁないですか。
それじゃダメだよ。
ダメ。
ミィ?あんなお子様ははずしといて、コトナさんをメインにもってきましょう。
人気ランキングだってゾイドヒロイン中トップなんだから。

初ワンフェスの結果 2006-02-19

1.黒セイバーセット×2
2.ネコアルク「換装!ブーブー顔」編×2
3.おねがい☆たらく 風見みずほSweetBox×1
4.舞衣×アリカセット Type-A×1
5.舞衣×ありカセット Type-B×1

以上。

身内の方は続きをどうぞ

続きを読む »;

「Piaキャロットへようこそ」暴挙に出る 2006-02-18

攻略可能ヒロインが男でいいんですか?

見た目は女性ですが、ナニはまだありますとのこと。
……マジ?

ロケットジョージ 2006-02-17

IGPXがかな~りすごいことになってきた!

ファンティーヌがえら~いかわいいんですが!

タケシが風見ハヤト病なんですが!

アンドレが主人公ですが!

エイミーが欠場ですが!

今のタケシじゃカニンガムに勝てませんが!


舞-乙HiME

はい、重い展開ありがとう。

そして「永遠の17歳ネタ」をどうもありがとう。

本編よりこっちの方が俺はおもしろかった。


ひさしぶりに書き忘れ 2006-02-17

昨日は、いかさんや猫と話しててコレをかくのをすっかりわすれてた。
忘れたところで誰もこまらないのだが、
忘れたことに気づいた俺がおちつかなかった。
やはり習慣というものは重要だ。

つ~ても、昨日はとくになにもなかった。
Piaキャロやりはじめたけど、いろいろあってまったくすすまなかったことだけだろうか。
そんなもんだ。




さて、今日はトリノオリンピックみてた。
見ていた競技は今回からの新種目「スノーボードクロス」

むちゃくちゃ熱い!

4人同時スタートで、バンクとジャンプの連続!
選手同士の接触多発!
誰が勝つかわからないそのスリリングさがすごいおもしろかった。
結局1時間半の放送を全部みてしまった。
またPiaキャロできなかった。
けど満足。

あんなに一緒だったのに 2006-02-14

今回のタイトルにまったく意味はない。
ただ、今聴いている曲が「あんなに一緒だったのに」なだけである。

さて、今日もギャルゲーも一般ゲームもやらず、ヘイズルもつくらず、テレビをみていた。
見ていたのは「踊るさんま御殿」。
実に久しぶりである。
たまにトーク番組みるとおもしろい。

今はゲームやらプラモから遠ざかりたい気分なのだろうか?
自分でもよくわからん。

健全に 2006-02-13

久しぶりに1時間以上も残業してしまったために、帰宅がおそくなった。
Piaキャロやるのにも、ヘイズルつくるのにも時間が足りない。
テレビでも見ようかと新聞見たら「女子ハーフパイプ」の文字が目に入る。
もともとハーフパイプは見たかったのと、昨日のショーン・ホワイトのすべりをみて、女子もみなければっ!っつ~ことで見ることにした。

ここで一番重要なのは

日本勢なんかどうでもいい

ってことだ。
ぶっちゃけ、でてなくても一向にかまわない。
俺が見たいのはハイレベルな演技である。
なので、別に日本がメダルとるとかとらないとかは関係ない。
レベルが高いか低いかだけである。

さて、実際の狭義のないようだが、
男子同様、アメリカ勢がとんでもねぇ。
なにより高い。そして力強い。
さすがである。
いいものみせてもらった。

そんな感じで終わった今日だった。
こんな健全な日もたまにはいい。

新ED 2006-02-12

ゾイドジェネシスのエンディングが今回からかわった。

……手、抜いてませんか?

それと、最後がミィのアップのみってどういうことでしょうか?
そのへん詳しく説明してほしい。

本編ではコトナさんたらムンベイポジションになっちゃったし。
あぁ、不満が募る一方だ。




Piaキャロをようやくインスト。
きっと明日からはじめるだろう。
そのためにはさっさと帰ってこなければならない。
ちとがんばるか。
あ~……でもアドバンスドヘイズル作りたい衝動がたかまってきた。
どうしよう?

さて、ここで何が一番か。
それは仕事である。
コレさえなければ時間は存分にあるのだから。
しかし、仕事しないとお金がないわけで、生活できない。
なんともひどい話だ。
「もしもボックス」で
「俺の貯金講座には必ず5千万はいってて、いくら下ろしても絶対に減らない」とか頼みたい。
あ~時間ほしい。

この記事で本日5つめ 2006-02-11

見たもののことを書いてた分が4つ。
コレで5つ目。

今日は休日。
部屋にこもってるのももったいないので、久しぶりにドライブってみた。
Yシャツ買いにいって、「あ~、でかけるか」とおもって気づけば5時間。
ひとりでふらふらドライブるのは楽しいなぁ~。
写真もとってきたけど面倒なので貼らないw

明日は家でぐったりしよう。

120% 2006-02-11

ルナマリア:まさかメイリンとアスランがあんなになるなんておもわなかったわよ。
メイリン :お姉ちゃんだって「ガキだガキだ」っていってたシンとくっついたじゃない。
ルナマリア:あれはね大人になるといろいろあるのよ。
      「勢い」とか「うっかり」とか「まさか」とか
メイリン :おねえちゃんこわぁ~い……

そんな会話で始まる超再放送。
もちろんルナは坂本真綾様。メイリンは折笠富美子様。

アドリブですかっ!?それとも脚本あるのっ!?

すごすぎですよ。

も~……ステキすぎっ!

さて、会話の内容ですが……
まずAパート。
お肌と化粧品のお話になりました。さすが女性ですね。
ガンダム関係ないのがすごくいい!
しっかし、このお二人は年齢わっかんないよなぁ。
実年齢聞いても実感わかねぇ。
ついでBパート。
ペットの話。犬か猫か。
またもガンダム関係ない!ステキだっ!
そしてまた美容ネタ。で、すっぽん。
すっぽん食べたことないなぁ。

お互い自分のキャラでてきても、まったく気にせずトークしっぱなし。
本当に普通会話だ。ひっじょ~によい。よすぎ。
たまにガンダムの会話でてくるけど、アフレコの思い出話ぐらい。
こういうの楽しい。
きいてる姿は他人にみせられないけど。

今日はアニメ三昧ってことで 2006-02-11

<ガンパレードマーチ>
続編らしきものが現在やってますが、それはみてない。
が、ガンパレはみてみたかった。そんなわけで視聴。

目に付いたスタッフ。
音楽はアニメFateと一緒で川井さん。
監督は……桜美……コレみちゃってからいきなり印象わるくなった。
とりあえず、みてみる。

メカ格闘モノをみると、どうしてもフルメタTSRと比べてしまう。
……やっぱり見劣りするよな。がんばってても。
作画はいいんだけど、なにかが足りない。
カメラ割りとかそういう演出面のところかもしれない。
ちなみにガンパレはJ.C.STAFF。
悪くはないけど、京アニはすごいってことで。

第1話をみてておもったんだけど、コレはゲームファンの為のものかなぁと。
なんかあんまりぐっとくるものがない。
なんていうか最近のメカモノのアニメそのままって感じ。
悪くはないけどよい点がとくにない。奇麗なのは奇麗なんだけどな。
ふっつ~ってやつ。
それが第1話の感想。

第2話
芝村 舞 登場。
それだけです。
特に何もねぇ。
……ふっつ~すぎてる。
あ、舞ってツンデレだっけ。
ガンパレがでたころは、まだツンデレなんていわれてなかったよな。

壬生屋がなんか嫌なキャラだ。確か死ぬんだっけ?

忘れてた 2006-02-11

<Fate/stay night>
第6話。
ライダー姉さん登場。
中の人は浅川さん。ラブひなの素子のイメージでいたけど、ちとちがった。
なんかずいぶんやさしい感じ。
ん~……弓道場裏の時のライダーはもうちょっと感情がないものだと思ってたんだけどなぁ。
ワカメがマスターの時は感情がないほうがよいと思うのだけど。
桜がマスターのときは感情だしてくれたほうがいいんだけどね。
それと、ライダー姉さんのスカートってあんなにひらひらしてたっけ?

バトルについて。
今回初撃はよかった。
夕日をバックにおりてきたときもステキだった。
しかし、そのあとは迫力不足。
でもがんばってる。がんばってます。
スタッフさんが途中でダレないことを望みます。
ちょっとやり方をかえるとよくなるのかも?

美綴さんとっつかまってます。
……オフィシャルだと貞操は守られてるし、実行犯はライダーだったはずなんだけど……。
おい、そこのワカメ。てぇだすなよ?
(隠れ美綴ファン)

あ、ワカメの顔みてたらムカムカしてきた……

アーチャー久しぶりに顔みせた。
アチャかっこいいなぁ。
声、心配してたけど、諏訪部さんでよかったかも。
かっこいいなぁ……
あ~かっこいい。

セイバーはあいかわらず声がかたい。

壱与がでてきた 2006-02-11

「邪馬台幻想記」のヒロイン、壱与。
「邪馬台幻想記」とは「BLACK CAT」の作者、矢吹健太朗氏のデビュー作品。
んで、なにに壱与がでてきたかっていうと、アニメのBLACK CAT。
名前はサキになってたけど、アレは壱与だ。

今回の黒猫はアニメオリジナル。
可もなく不可もなく。
動画枚数は少なめで。


<舞-乙HiME>

アオイ死亡かっ!?

えらいショックなんですけど。

今回はマシロの話。
国を奪われ、国民に恨まれ、今までやりたい放題にやっていたツケがきた。
恐いね~人の恨みって。

今回気づいたこと、思ったこと列挙
・みやむ~はすでに亡き人
・作画がよかった
・マシロが死んだらアリカも死ぬので死なない。
・セルゲイが主人公がいいです。俺。


<SoltyRei>

ローズは本物?クローン?

ロイ復活。さすがに大原さんのパンチはきいたらしい。
ソルティも立ち直る。
今回はそのソルティの立ち直る様子を描いてます。
ようやく最後になけたソルティはかわいかった。





ホント、ここのところこればっかりだなぁ

最近の俺 2006-02-10

平日
 会社いく→仕事する→帰宅する→アニメorネトラジ→寝る

休日
 出かける(買い物orイベント)→寝る

そんな感じだ。
ヴァルキリーやるも、PS2でやってるとおちるのでヘコむ。
ヘイズル作りたいけど眠い。
ようするになにやるのでもダルい。

そんな最近だが、ひとつだけ楽しみがある。
それはワンフェス。
今回初。
イベントレポートとかよんでるとすごいことになってるみたいだ。
いったいどこまで食い下がれるのか?
がんばらねぇと。

もうひとつがんばらないといけないのは部屋探し。
とりあえず本格的に調べ始める。
今月下旬頃から下見したい。
部屋が決まったら、引っ越す前にネット環境だけは整えよう。
そうしよう。

やっぱりかっ! 2006-02-09

風見ハヤト病発症

そんなタケシ。
ファンティーヌともすれ違い気味。
リズとエイミーはちょっとメンタル的に不調気味だったのを、
なんとか持ち直す。
タケシも持ち直したかとおもったら、ホワイトスノーにやれれてまたダウン。
今後どれだけ足をひっぱりおちてくか。
そしてそのあとの復活劇はどんなもんかに期待。


さて、新チームのホワイトスノー。
でたよ。卑怯な技でレッツゴータイプ。
今期よりIG1に昇格したっていうけど、いいのかアレ?
他チームのマシンへのシステム介入。
そこからひっぱってきたのかどうかしらんが、
新フォーメーションの完コピー+α。
相手チームのメンタル的ツボをついてくることのん(17歳にみえねぇキャラ)。
エイミー以上にコンピューターを操るマックス(ちびっこ)。
実は影の薄いピエロっぽい人(一応リーダーらしい)。
その力はメッキなのか?それとも実力?

ちょっとありがちな展開になってきたような感じのIGPX。
もっと盛り上がる展開に期待。

2つみてみた 2006-02-08

<カレイドスター legend of phoenix>

涙ぐんでしまいました。

そらがレイラさんの髪を切るシーンで涙しました。
よかった。ひじょ~によかった。
少し残念なのは、回想シーン多目だったかなと。
でも、やっぱりよかった。
役者の演技、画面、音……すっごい力がはいってた。
ものすっごいよかった。
さすがカレイドスター。


<いつだってMyサンタ>

カレイドスターの後にみたのは失敗だった。

超無理やり急ぎまくった展開。
なんていうか……ふっつ~のアニメすぎてなにもない。
それが際立ってしょうがない。
原作が読みきりだったからしょうがないか。
そして赤松作品だからむきます。
……いらんから。
やっぱりダメだったか。いつだってMyサンタ。




ヴァルキリープロファイルをやるべきか、ヘイズルつくるべきか。

いまさら聴いている「Radio ToHeart2」第17回 2006-02-07

佐藤利奈さんの声は死ねる

やっばい。
ひっさしぶりにきた。
ツボだ。ツボ。
バズーカはバズーカでも、アトミックバズーカ打ち込まれた。
死ねる。

人間の3大欲求 2006-02-07

食欲、性欲、睡眠欲

人間の3大欲求である。
この中で抗えないものがある。
それは睡眠欲。
どうがんばっても回避不能。
立っていても、歩いていても、運転していても、枕元で麻雀やってても、震度4の地震がきても……
とりあえず眠いときはどうやっても寝てしまう。
今日の午前中はまさにそうだった。
スキーの疲れと仕事がないのとでおもいっきり眠い。
おかげさまで半分ぐらい記憶がありません。
……案の定午後おこられた。

この眠気、自分だけではなくほかの人もつらい敵みたい。
職場の先輩や同期にきいてみたら、一番多く得られた回答は
「煙草をすう」
……俺、非喫煙者。無理じゃん。
というか、喫煙者はいいですよ。
煙草すいにいって会話してリフレッシュできるんだもの。
非喫煙者の人ってリフレッシュルームとかないから、
なかなか眠気を取るものがない。
ならばいっそ5分でも寝て、リフレッシュすればいいのではないのか?
眠いままダラダラ仕事しても効率が悪いだけ。
だったら少しでも寝たほうがいいと思う。
なのに、それは許してくれない。
効率を揚げるのには一番いい手法だと思うんだけどなぁ?
やっぱりそんなに体裁が必要ですか?
それがダメなら、非喫煙者のためのリフレッシュルームを作りやがれと思いながら、帰りの電車で眠りこけた。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。