日記

(日記+感想+妄想+ろくでもない考え)×電波=私の駄文

何時間みたんでしょう? 2005-10-22

<フルメタルパニック The Second Raid>

ごちそうさまでした。

最後までおいしくいただきました。


以下内容。

かなめが死んだとガウルンにいわれ、完全に目の光を失った宗助。
そこにかなめ登場。
と、同時に宗助に華麗なる連携技を繰り出す。
あぁ……かなめさん素敵です。

そしてかなめの言葉で宗助復活!
アーバレストVSヴェノム×5機
空を舞うアーバレスト。
強すぎです。
王道っちゃ王道なんだけど、ここまでやられると本当に気持ちがいい。
エウレカもそうだが、華麗なメカバトルはカッコイイ。

ふっきれた宗助は軍法会議(?)で学校に戻る事を勝ち取る。
会議終了後にテッサに友人として言葉をかける。
「テッサ!いつもすまない。君はすごい娘だ。
 君は俺にとって唯の上官じゃなく、もっと大切な人なんだと思う。
 な、なにかあったら必ず力になる。」
そこまでいってテッサの視線に気づき、あわてて言葉をきり緊張したまま会議室をでていく宗助。
その後のテッサ。
「テッサだって~!いや~どうしよう?大切だって~!そんなそんなぁ~」
文字通りくねくねするテッサ。
激LOVE。

日常にもどるかなめと宗助。
ふと廊下でなきだすかなめ。
肩を抱こうとする宗助。

もちろん邪魔がはいります。

帰宅時の電車内の宗助とかなめ。
宗助「そういえば、香港であったとき無いか言いかけてたな。アレはなんだったんだ?」
かなめ「あぁ、アレはね……」

   宗助をみつめるかなめ
   そして宗助の袖口をちょっとつまんで

かなめ「ん、なんでもないの」

やっぱり、かなめだなぁ~


最初から最後まで本当にすごかった。

ひとつだけ追加要望があるとすれば、あのハゲ。
終盤というか今回ふつうの悪党になってた。
もっと狂人になってほしかったかな。
玉蘭の死体を玉芳の目のまでもてあそんで、ゴミのように放り投げるってのはキてましたが。
コレ、キー局のゴールデンでやったら……

ともかく本当によい作品をありがとうございました。


<ARIA the animation>
この前原作をよんで、すっかり天野作品の虜となりました。
で、アニメのARIA。
アリス+暁の登場です。
原作での二つの話をくっつけたというか、
暁の話にアリスをプラスした内容です。

アリス、若干イメージ違うかなぁ。
初登場ってことで前にでてきてるからか?
つか……広橋さんですかっ!どーする?どーしちゃうの俺っ!

暁はイメージとちょっと声が違うかな。
原作よりちょっと年齢が高めな気がする。

原作とはまた違ったうまみ成分があるthe animation。
これもまた美味。
最近バトルものばかりのゴールデンタイムアニメ。
こーゆーのやってくれ。


原作と一番の相違点は灯里のメールの差出人がわかっているということ。
原作だとわかってない。
しかし、メールの相手の声がドラマCDの灯里役だった水橋かおりさんってのは
何かの狙い?


<SHUFFLE!>
ここのところず~っとR-15。
アイキャッチがアレだしな。

ネリネのコピーであるリコリスの話。
人体実験ゴーゴーな話。
魔力強化の為につくったリコリス。
実験のモルモットになるべくうまれたリコリス。
そして最後はネリネを生かすために死んだリコリス。
語られるネリネの秘密。
リコリスの記憶、特技すべてをネリネがひきついだということらしい。
もしや稟に向けられる気持ちもリコリスのもの?
結構ヘヴィ?

一方、倒れる亜沙先輩。
亜沙先輩が体が弱いのはしってるので、おどろきゃしないが……
倒れたシーンについて……

亜沙先輩はパンチラ要員じゃねぇっつってんだろぉがっ!

ってアレ?亜沙先輩の耳ってエルフ耳じゃなかったっけ?
原作やってないし、詳しいことはよくしらんが。


さて、この後ですがおわるのか?
まだシアも楓も全部かたってないぞ?
でも稟が作ってる船は完成間近。
途中で投げっぱなしでおわりですか?

なにはともあれとにかく亜沙先輩だしてください。


<ToHeart2>
今回は愛佳。
音泉の「Radio ToHeart2」も愛佳。厳密に言うと、力丸乃りこさんがゲスト。
アニメの内容はあいかわらずなので別にいいんだけど、
ラジオは面白かった♪
まさか、素でわたわたしてるとは思わなかった力丸乃りこさん。
愛佳ともどもまさにげっ歯類。
次回もゲストくるみたいだけど、今度は誰だろう?


<舞-乙HiME>
可もなく不可もなく。

今回はファンタジー色が強い。
ファンタジーが苦手な俺はちょっとこまってます。

関俊彦さん今回も参戦。
今度は悪い人。
いや、今度もか。

今回の話はそれぐらい。


<SoltyRei>
ロイの養女だって。ソルティ。
それにしてもソルティの服装がロックマンの何かに見えてしょうがない。

メカ、車、バイク等を3Dにしたのはよいね。
崩れないし。一回作れば使いまわし可能だし。

今回1番驚いたのはユート役で下野さんがでてる事。
カレイドのケンの時ように忘れられないよう、がんばってください。

俺はケンすきなんだけどなぁ。


<BLOOD+>
第3話。
小夜が戦う理由のきっかけづくりとしてか、親父さんがやられました。

BLOODはもともと劇場版アニメだったとか。
「日本刀を操るなぞめいたセーラー服少女」
これがコンセプト。
BLOOD+はこのコンセプトを受け継いで、新設定の物語。
こんなことをきいてしまったので、BLOODみたくなってしまった。
探してみよう。

俺的BLOOD+の見所はハジ(チェロ演奏者)。


<IGPX>
この作品のキャラをみて最初に思ったこと。
年齢若すぎ。
 タケシ :15歳
 エイミー:13歳
 リズ  :16歳
なんかさぁ~若けりゃいいってもんじゃないだろ?
せめて
 タケシ :18歳
 エイミー:17歳
 リズ  :19歳
ぐらいにしてほしいものです。
最近、み~んな年齢さがってるよな。アニメキャラ。

3話みて思ったこと。
レースモノよし!
BGMが一般的なアニメとちょっと違うのがよい感じ♪
多分これが1番洋アニっぽいのだろう。
レースシーンはおもしろい。
1番面白いのはピット作業。
走りながらパーツ交換。みてるとちょっと不思議。
キャラ同士の絡みとチームサトミの万年補欠が今後どうでるかが楽しみ。


<BLACK CAT>
メインキャラ4人発顔合わせ。
出会い方は原作とまったく違います。

 ・リンスがだましたのはスヴェンだけ。
 ・トレインはイヴを殺そうとしてる。

最大の相違点は

 ・トレインがまだクロノスにいる。
 ・サヤが生きている。

原作とはまた違ったストーリー展開が楽しめそう。

ゆかながリンスやるって行ったときは「え?マジ?」と思ったのだが、
これがなかなかよいのですわ。
驚いたのは、低めの声がなかなかいい感じ♪
テッサや真白みたいに高い声もいいけど、リンスみたいに低めの声もおうつくしゅうございます。
ちょっと聞くとまるで別人に聞こえるところがすごいなぁと。


今日だけで全部みた。
ちょっと疲れた。





今日は買い物&散髪。
買い物がてらMG ガンダムMk-Ⅱ Ver.2みてきた。
グリグリ動く!
プロポーション素敵!
ほしいっ!
が、高いっ!
さすがに4000円はポンと出せません。
それにいくらよくてもMk-Ⅱだしなぁ……

そうだっ!
あのレベルでMGヘイズル改だしてくださいっ!
買うから!




よし。
今晩からグリってみるかな。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vandalize.blog25.fc2.com/tb.php/43-4f10e2fc

 | HOME |